TOP格安レンタルサーバー

WordPressの為のレンタルサーバー比較

正直なところ、筆者は、WordPressを使うことはほとんど無い。

いくつか運営はしているが、決して詳しくはないし、メンテナンスなども含めて管理画面に入ることも月に1回程度と、ほとんど触っていないに等しい。

そんな筆者がWordPress用レンタルサーバーを比較するのもどうかとは思うが、WordPress用レンタルサーバー選びを相談されることも多々あるため、一般的な視点にはなってしまうが、比較してみた。参考になれば幸いだ。

WordPressが遅いわけ!

最近はWordPressのサイトがとても多い。人気なのだが当然ではあるが、それらのサイトの多くは、表示されるのに結構時間がかかることが多いと筆者は感じている。

なかなか表示されなかったり、表示されたけど、スクロールできるようになるまでやたら待たされるような場合、WordPressの場合が多いように思うのだ。

以前は、7秒以内で表示されなかったら訪問者は去ってしまうようなことを言われていたが、今は、もっと早いのではないだろうか。

少なくとも筆者は、上記のようなサイトを開くとイライラして待っていられないので、そのまま去るか、別タブを開けて別のサイトに行ってその後戻ってくる。

例えば、アマゾンは表示までの時間が0.1秒減ると1%売上が増えると言っているように、表示時間の問題はとても大きい。

では、どうすればWordPressのサイトは表示時間を短くできるのだろうか?

WordPressの場合、余計なプラグインを削除してキャッシュを有効活用するような高速化するためのプラグインを追加するなど運用面でもある程度は高速化できる。

しかし、考えて欲しいのだが、格安レンタルサーバーでHTMLで書いたサイトでも表示するのに時間がかかるケースというのは、実は少なくない。

100PV/日くらいのサイトを1,000円/月を超えるサーバーで運用していたときに503エラーが出てることが見たこともある。

この場合、WordPressであるか否かは、全く関係なく、そのサーバー自体が重いのだから、もうどうしようもない。当然ながら、そんなサーバーは使い物にならないので解約したのは言うまでもない。

実は気づかないうちにそんなエラーがでている可能性は十分にあるのだ。従って、アクセスが多いサイトの場合は特にレンタルサーバー代をケチらない方がいい。

話がややそれたが、WordPressを高速化させるためには、レンタルサーバーが遅くてはダメなのは間違いない。

レンタルサーバー自体が、高速で動作していて、更にWordPressの場合は、PHPとデータベースを使う為、その両方が高速である必要がある。

WordPressのインストールが簡単にできることを売りにしているレンタルサーバーも未だにあるが、今時、当たり前の機能であって、そんなものは、アドバンテージでもなんでもない。

むしろ、インストールした後、どの程度快適に使えるかが重要なのだ。

WordPressを高速化するためのレンタルサーバー選び

今時は格安レンタルサーバーでもPHPに対応している。

PHPには、CGI版とモジュール版がある。結論を書くと、モジュール版の方が速い。日本PHPユーザー会の紹介でも「。通常の CGI としても使用できますが、 PHP をモジュールとしてウェブサーバに組み込むことにより、処理速度の高速化、サーバ負荷の低減が可能です」とある。

モジュール版PHPはセキュリティ面にやや問題がある点、そして、アクセスが多いとサーバー全体のパフォーマンスが落ちるデメリットがある。CGI版の方が負荷をかけているユーザーを特定しやすいメリットもある。

モジュール版PHPはセキュリティ面にやや問題があり、モジュール版PHP対応レンタルサーバーでもセーフモードで動作させている可能性がある。そしてセーフモードで動作している場合、WordPressの一部に機能制限が生じるらしい

そんなわけで、モジュール版PHPに対応しないレンタルサーバーは多く、代わりにFastCGIに対応することがある。FastCGIでもそれなりに速いので、FastCGIに対応しているレンタルサーバーが無難な選択と言えそうだ。ちなみにアクセスの少ないサイトの場合、FastCGIを使うと逆に負荷かがかかってしまうので、注意しよう。

例えば、人気のレンタルサーバーである「さくらのレンタルサーバー」は、PHPやMySQLの動作がどうも遅い。PHPはCGI版で、モジュール版はビジネスプロプランしか使えないので、WordPressを使うにはおすすめはできない。

同じ格安レンタルサーバーであるロリポップはモジュール版PHPに対応しているため基本的には速い(筈だ)。しかし、そこは格安レンタルサーバーである。アクセスが集中する時間帯はそれなりに重くなる。

WordPress向けレンタルサーバーおすすめランキング

WordPress用レンタルサーバー比較ランキング1位

wpX

wpXは、通常のレンタルサーバーと、クラウド型もあるWordPress専用サーバーだ。

高性能サーバーを使ったり、SSDを使ったストライピングでディスクアクセスの高速化するなど、ハード面のみならず、リバースプロキシによるキャッシュ処理等、豊富なWordPress運用実績に基づいた様々な高速化技術の導入して高速化している。

回線も、2Gbpsの高速ネットワークで232Gbpsのバックボーンに接続している。

WordPressのバックアップで重要なMySQLも当然自動バックアップ対象となっており、1回/日、14日分バックアップされる。

PHP7のほか、PHP5.6.x、5.4.xに対応している。

クラウド型なら500円/月~利用でき、アクセス数などのサイト状況によってグレードアップも容易にできる。

WordPress用レンタルサーバー比較ランキング2位

ロリポップレンタルサーバー

ロリポップレンタルサーバーは、さくらのレンタルサーバーと並ぶ格安レンタルサーバーの定番だ。

月額100円~契約できるが、MySQLに対応しているのが250円~のライトプラン以上となっている。

スタンダードプラン以上であれば、モジュール版PHPを選択することも可能だ。新サーバーに変わって高速化に力を入れているようだ。

公式サイトを見てもらえば分かると思うが、さくらのレンタルサーバーよりは、初心者向けとなっている。

もし、ドメインを同社のムームードメインで取得するのであれば、独自ドメインの設定などは、他社のサーバーを使うよりは簡単にできるようにはなっている。

全くの初心者でもムームードメインでドメインを取得すると、独自ドメインの設定も比較的わかりやすいだろう。

この記事の関連リンク

  • 格安レンタルサーバー比較ランキング 月額500円位までのサーバー格安レンタルサーバー比較ランキング 月額500円位までのサーバー
    月額500円程度で借りれる格安なレンタルサーバーをできるだけたくさん集めて比較紹介しています。管理人も全レンタルサーバーを借りました。全て借りればちょっとしたIP分散サーバーを借りているのと変わらないくらいIP分散できますし、そして格安です。
  • さくらのレンタルサーバーを借りておけば間違いないさくらのレンタルサーバーを借りておけば間違いない
    さくらインターネットが提供するさくらのレンタルサーバーは、格安レンタルサーバーの中でも機能面はもちろん信頼性も高く、よく分からない人に最もオススメできるレンタルサーバーです。何より日本の草分け的な存在です。
  • GMOクラウドのレンタルサーバーは分散処理で高安定性!GMOクラウドのレンタルサーバーは分散処理で高安定性!
    さくらサーバーと並んで日本のレンタルサーバーの中心的存在のGMOグループのGMOクラウドは元アイルで、実績十分のレンタルサーバーだ。ビジネス向けの共用レンタルサーバーとしては最も人気のレンタルサーバーの一つといえるだろう。
  • CPIのレンタルサーバーを借りた顛末記CPIのレンタルサーバーを借りた顛末記
    CPIはKDDIグループのレンタルサーバーです。価格は決して安くはありませんが、マルチドメイン無制限です。レンタルサーバーとしては充実した機能・サービス内容です。