TOP格安レンタルサーバー

IP分散サーバーを借りる?!

数年前にGoogleがIPが同じサーバーにある複数のサイトからリンクを送っても効果がないよ的な話が出てきたため、SEOをする人たちはIPを分散させようと、たくさんサーバーを借りようとしたのですが、これが、なかなか大変なので、だったら、IP分散したサーバーを貸してあげるよという会社が登場してきました。それがIP分散サーバーです。

2015年現在、SEOでIP分散してまで、自作自演サイトを運営する必要性があるかどうかは、微妙ではありますが、将来的に、また必要な時が来る可能性はありますから、保険としてIP分散しておいた方がいいという考え方もあるでしょうし、また、レンタルサーバーをたくさん借りるのは面倒だし、サーバースペックはとくに必要ないと言う方ならIP分散サーバーを借りるという方法もありそうです。

それに、通常のIP分散サーバーは、例えば100IPならば100個のサーバーが別々に存在しますので、一台サーバーが壊れても他のサーバーは大丈夫というおまけもついてます?!案外、こういうのが重要だったりするのかもしれませんね。

ところで、このIP分散サーバーですが、当初は、海外のサーバーを使用したレンタルサーバーしかなかったのですが、最近は、国内にあるサーバーでIP分散しているというレンタルサーバーが増えました。

ただ、残念ながら、少々割高ではあります。

100IPであれば、@600~700円程度となる感じです。マルチドメインではなくて、シングルドメインであれば、この半額程度にまで下がりますが、シングルドメインに対応している国内のIP分散サーバー自体がほとんど存在しません。国内のIP分散サーバーは、ほとんどがマルチドメイン対応となっています。

IP分散サーバーは、恐らく全てのサーバーじゃないかと思いますが、クラスC以上での分散をしております。ところで、このクラスC以上の分散ですが、これを別々のサーバーを借りて実現するとなると,かなりのコストがかかります。一般的に安価なレンタルサーバーは、クラスCが似通っていることが多いのです。

たとえば、さくらインターネットのさくらのレンタルサーバーの場合、1ヶ月に1契約をすると、大体IPが変わります。しかしながら、クラスCで見ると、同じケースがチラホラあるのです。また、他のレンタルサーバーもさくらインターネットのサーバーを使ってたり、たいていはどこかのレンタルサーバーの又貸しをしていますので、もともとIP自体が分散されていないのです。従いまして、どうしても月額1000円以上のサーバーも借りていかないとIP分散しきれないことになります。クラスC以上の100IPというのはコストを考えるとなかなか難しいのです。そういうわけで、IP分散サーバーを借りた方が安いわけです。

ところがIP分散サーバーにもいくつか問題がありまして、その代表格が、ネームサーバーが同じというところです。ネームサーバーが同じですと、IPがいくら分散していてもすぐばれるじゃん!という感じですね。例えばABCサーバーだと、10IP程度ごとにネームサーバーが変わりますが、変わると言ってもサブドメインが変わるだけですので、同じと言っても過言では無いですね。ネームサーバーの分散まで対応しているIP分散となると、知名度の高いところですと、123世界分散サーバーがあります。このレンタルサーバーは完全に分散されています。

海外のIP分散サーバーにしても同じような感じです。また、海外のIP分散サーバーなどの場合は、もう一つリスクがありまして、IP丸ごとごっそりインデックス削除ということが、時々起こります。要するにそのサーバー会社には行ってるドメインは全てスパム扱いされるということです。

これは、なかなか厳しいです。

また、気づきにくいんですね。定期的に調べない限りなかなか気がつかないですね。

このようなリスクを背負っても、できるだけ安くIP分散したいという方には、おすすめです。

ちなみに私も、いくつか借りていましたが、国内サーバーは比較的安定はしていますが、それでも、普通のレンタルサーバーと比べると、落ちるケースが多いように感じました。FTPのアクセスなども繋がらないことは多々あります。海外のサーバーの場合は、毎日どこかは落ちてると思った方がいいかと思います(^_^;

IP分散サーバーを借りるのではなくて、普通のレンタルサーバーをたくさん借りてIP分散しようという方は、こちらのレンタルサーバー一覧をご覧ください。ここにあるレンタルサーバーを全て借りれば最低でも30IPは確保できるのでは無いかと思います。もっと丹念に借りていけばリストのレンタルサーバーだけでも50IP以上の分散は可能ですし、クラスCにこだわらなければ、100以上に分散することはできます。クラスCで分けたいと言う方は特に契約する間隔を開けることです。

例えばさくらインターネットの場合、1ヶ月程度で、サーバーが変わりますが、IPが連続しているケースも多々あるようです。またはプランを変えるのも一つの方法です。プランごとにサーバーを分けているところはたくさんあるようです。ただし、レンタルサーバーによっては、プラン毎にサーバーがわかれていないところもありますから、これらに対応するには、無料お試し期間を活用して希望のIPでない場合は解約するなど、丁寧に契約していかないとなかなか難しいです。

IP分散サーバー比較ランキング

CIPサーバー

クラスC以上で最大80IPまで分散可能。

最大80IPまで対応したIP分散サーバー。

10IPプランの場合は、国内IPのみだが、50IP以上プランの場合は、海外IPとの混在となる。

各サーバーは、1GBの容量で5ドメインまで対応する。ネームサーバーも各IPごとに提供されている。

日本語ドメインも対応する。データーベースは無制限で利用でき、WordPressも1クリックでインストール可となっている。

速度面にもこだわっているようだ。

後発のIP分散サーバーだけあって、スペックだけ見れば、他社よりかなり勝手が良さそうだし、価格も150円/IPで5ドメイン使えるので格安だ。

支払は、Paypalに対応している。

iqサーバー

クラスC分散1,000IP以上のダントツのIP分散サーバー

1,000IP以上のIP分散に対応したサーバー。2016年1月現在、海外IPは1,400IP、国内IPは500IPの分散に対応している。

ネームサーバーは、オプションにはなるが、AWSを利用した機能で完全分散することにも対応している。

10IPを1セットで契約できるので、必要な分だけ契約できる。

ただし、マルチドメインには対応していないし、データーベースは1つだけ、ディスク容量も300MBとかなり少なめだ。

123サーバー

クラスC以上でIPアドレスを最大1000サーバーまで分散できるレンタルサーバー

IP分散サーバーの草分け的存在。最大1000IPまで分散できる、恐らくIP数ではトップの分散数です。サーバーは全て海外です。国内のサーバーが希望の方は別サービスで提供されています。

ネームサーバーは、この会社が借りているサーバー会社ごとに分散されている感じです。従って、数十IP単位でネームサーバーは同じになります。また、私が借りていた頃には、IP全体のインデックスを消されたことがありました。恐らくそのIP全体がスパム判定された感じでしょうか。海外サーバーの場合こういうリスクは少なからずあると思っておいた方がよろしいかと思います。

分散数がたくさん欲しい場合は、個々をまずは借りるしか無いでしょう。

123国内分散サーバーも借りました。

NSは完全分散と書かれていたので、「サブドメインだったりするんじゃないの?」って思っていましたが、ちゃんとドメインで分散されていました。ただし、そのドメインは、スパムっぽいドメイン名だったりするわけですが・・・(^_^;

でも、分散されてるだけだいぶマシですね。

SCRS

国内IPアドレスクラスCでの完全分散サーバー マルチドメイン・シングルドメイン

ネットラピュタ株式会社のIP分散サーバーで、国内サーバーで、最大120IPに分散されます。クラスCで完全分散になっていますが、クラスA、クラスBがまったく同じなので、かなり不自然です。従って、このIP分散サーバーだけ使うのはあまりオススメはできないです。

ネームサーバーも一応分散されていますが、サブドメインのことなるネームサーバーをいくつか渡されて、その中から好きなのを選んべばいいというタイプの分散です。サブドメインなので、分散になっているかどうかは怪しいです。気休め程度だと私は考えていました。

ただし、運営会社がネットラピュタ株式会社なので、他のIP分散サーバー運営会社とは一線を画す安心感はあります。

ABCサーバー

国内IPアドレス・クラスC 完全分散マルチドメイン

国内サーバーの100IPに分散されたサーバーです。だいたい1サーバーあたり10IP程度載っている感じです。

ネームサーバーはそのサーバーごとに分かれていますが、残念ながらサブドメインです。IPは、結構バラバラになっていますので、ここまで来たらネームサーバーも分散して欲しいものです。IPはお問い合わせすれば開示して貰えるはずです。

国内サーバーですから反応はまあまあいいです。シングルドメインでいい人にとっては、コストが高くつくのがやや難点ですね。

123世界分散サーバー

IPアドレス分散はクラスB以上100%を実現

サーバーは世界中に分散しています。分散度ではダントツです。世界中のサーバーを借りているようですので、ネームサーバーも全て異なります。海外のサーバーですので、反応は正直なところ、悪いです。

難点は、サーバーのダウンが結構頻繁に起こることです。1ヶ月の間で200サーバー全てが動き続けることは無いと思っておいた方がいいでしょう。クローラーの頻度を考えたりしてる人などはやめておいた方がいいかもしれません。とにかく不安定なサーバーが多いです。

もう一点は、サーバーの引越しも頻繁に行われることです。これも結構な頻度であります。毎月のようにどこかしら引越し作業させられたりします。よって、WPなど、データーベースをつかうようなサイトは設置しない方が無難です。当たり前ですが、バックアップは必須です。

そうはいっても、IP分散サーバーに求められるのはサーバーの善し悪しではなくて、IPの分散ですから、その点では最強のIP分散サーバーといってもいいでしょう。

A2Zサーバー

国内サーバーでIPアドレス分散をクラスC以上で最大100IPまで分散可能。

国内サーバーの最大100IPに分散されたサーバーです。サーバー自体は国内を唄っていますが、IPはどうも海外のIPっぽいです。直接借りたわけでもないのですが、ここのサーバーを借りているサーバーのIPは少なくとも海外IPになっていました。

ネームサーバーは同じです。

サーバーの反応はまあまあです。マルチドメイン対応となっています。

この記事の関連リンク